治療方法はさまざま

最近良く抜ける

AGAの疑いがあるからといっていきなり、プロペシアやフィンペシアといったフィナステリド、ミノキシジルを服用する必要はありません。副作用もあるので、薄毛かなと思ったらまず診察を受けに行きましょう。
逆に、進行具合によっては上記の薬が効かず、かつらをつけることになる場合もあります。体の不調に関わることではありませんが、髪の毛は外見の自信などには影響してくるので早めに対策をとるべきだと言えます。
Read more

人気だけど

生え際が気になり始めた

フィンペシアはAGAの治療薬として日本では人気が高いですが、使用する前に忘れてはならない点があります。
基本的な副作用としてはプロペシアなどのフィナステリド系の薬品と同じですが、フィンペシアは厚生労働省からの認可が下りていないということもあり、日本では使われないキノリンイエローという成分が使われています。
キノリンイエローは発がん性の成分が含まれているとされているため、輸入の許可が下りていません。とはいっても、真偽のほどは定かではなく、アメリカやヨーロッパの先進国では問題はないとされているので、気にしなくてもいいかもしれません。
現在ではプロペシアより安価な薬もあるので、もし気になる方はそちらにしてもいいかもしれません。
Read more

安価なフィンペシア

薄くなってきた

フィナステリド系の薬の代表で、一番重宝されているのがプロペシアという薬です。これは、海外の薬ですが日本でも認可が下りているため、安全性は保障されていますが、1ヵ月の値段が病院の場合安くても8000円ほど、高ければ1万円を越えてきます。もちろん個人輸入も可能ですが、その場合は6000円から8000円の間と輸入の送料がかかります。
このプロペシアのジェネリック医薬品としてフィンペシアという薬があります。効果は大体同じで、価格は約半分と格安で手に入るため、日本ではこちらの薬の方を服用している方が多いようです。しかし、フィンペシアは日本では認可の下りていない薬であるため、病院でもらうことは出来ず、個人輸入が必須となる上、副作用などは全て自分で責任を負わなければなりません。… Read more